電話で問い合わせる 0120-815-718 受付時間10:00~18:00

お問い合わせ 教室を探す MENU

2020年に向けた英語教育 ENGLISH EDUCATION FOR 2020

学習定着に効果的?2020年に始まる「モジュール授業」とは?

2020年から始まる「モジュール授業」って?

文部科学省の”グローバル化に対応した英語教育改革実施計画”によると、2020年度から子ども達の英語教育が大きく変わるようです。
→(参考リンク)グローバル化に対応した英語教育改革実施計画-文部科学省

たとえば…

・小学校高学年から英語が教科へ”格上げ”

・小学校中学年から活動型英語教育の開始

・中学校での英語は英語で行うことが基本

などです。

その中でも小学校英語の1コマは「モジュール授業」を行うことが想定されています。

この聞き慣れない「モジュール授業」とはいったいどういうもので、子ども達にはいったいどんな効果があるのでしょう?

小分けの15分に意味がある

モジュールのスペルはmoduleですが、辞書で意味を調べてみると

(工業製品などの)規格化された構成単位,規格部品の集合
Eゲイト英和辞典より

と訳されています。

つまり45分みっちり英語の授業をするのではなく

45分を15分×3回の集合

と考えて、45分授業で学んだ事柄を反復・復習するというわけです。

学生時代に授業の最初や最後に「小テスト」ってありましたよね?

「小テスト」を45分授業の中ではなく、独立した15分のモジュール授業で行うイメージです。

「モジュール学習」の注意点

もちろんこれは小学校の授業でのみ有効なわけではありません。

学校でお子さまが学んできた事柄を15分程度の復習に付き合ってあげるだけでも、お子さまの学習の定着に大きな効果があるのです。

ただ気を付けたい点としては

お子さまをマンネリにさせない

題材をコロコロ変えない

ことです。

英語カードを見せながら、テンポよく発音練習をしたり、リズミカルな英語の歌を一緒に歌ってあげるなど、

気が付いたら15分経っちゃった!

と感じさせることが重要です。

当教室ではとっくに取り組んでいる

文部科学省の計画では2020年度からの全面実施の予定ですが、当教室ではとっくにモジュール教育が行われています↓↓

▲当教室での単語を繰り返す練習の様子

新しいことを学ばせるのも重要ですが、人間は忘れる動物です。

忘れてはいけないこと、幼いうちに定着させるべき学習は「モジュール教育」を上手に使って、テンポよくリズミカルに進めてあげましょう!

▲体全体を使って英語の歌を歌うことも「モジュール学習」

当教室では無料体験も行っています。

ご自宅での学習の参考に、近所のお友達作りにぜひ気軽に参加してみましょう!

「エイゴ分かりません」が通用しない?ついに小学校から英語が「教科」に!

子どもたちの英語教育が、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに大きく変わります!

小学校高学年の英語が教科へ”格上げ”

これまでは小学校高学年からしか扱われることのなかった学校での英語教育ですが、新たに小学校中学年から週に1~2回程度「活動型英語教育」が始まります。

同時に「活動型英語教育」が中心だった小学校高学年の英語が教科へと「格上げ」されます。

イメージとしては、現在小学校高学年で行われている学級担任による活動型英語教育が中学年へと引き継がれ、小学校高学年では英語の専科教員が積極採用され、これまでより本格的な”教科としての”英語教育に変わっていきます。

モジュール授業で英語の反復を

文部科学省によると、小学校高学年での英語は週に3コマ程度が想定されており、そのうち1コマは「モジュール授業」による15分区切りの反復活動を行うとのことです。

あまり聞きなれない用語「モジュール授業」ですが、こちらは通常の45分1コマ授業の補填という意味合いが強く、45分授業で学んだ内容を定着させるための反復活動に活用されるようです。

中学校の英語も変わる!

中学校の英語教育も大きく変わります。

なんと

「授業は英語で行うことを基本」

とすることが明記されました。

具体的には、身近な事柄を中心に英語で情報交換をしたり、自分から表現できるようにするとのことです。

教える側の英語科教員にも英検準1級、TOEFL iBT 80点程度等以上の英語力を確保するよう求めています。

小中高と切れ目のない英語教育へ

このように日本の英語教育は今より一層若いうちから、また進学するにつれて「切れ目なく」英語を習得できるよう改革が行われます。

最近では日本の企業が外資に買収されたり、日本の企業が英語を公用語化する動きも耳にしますよね。

もしかしたらお子さまが大人になったときに

日本の会社ではなく、外国の会社で働きたい!

と希望するかもしれません。

乳幼児期からの積み重ねが重要!

早い段階で「英語」を習得することで、大人になってからの選択肢が何倍にも広がるのです!

子どもの脳みそは言語中枢のある左脳の機能がまだ出来上がっていないため、ほとんどの事柄をイメージでとらえる右脳で吸収し、成長するにつれて左脳をフルに使うようになります。

左脳での言語習得はいわゆる「勉強」ですから、イヤになってやめてしまうこともあるかもしれません。

そうならないように、出来る限り幼いうちから右脳へスポンジのように「英語」を吸収させましょう!

「Hello=こんにちは」「Thank you=ありがとう」と認識させるのは、そのあとでも十分間に合います!

[出典]文部科学省-グローバル化に対応した英語教育改革実施計画

体験レッスン 資料請求
背景を変更

CLOSE